ログイン

振られた彼氏と復縁できる方法は?

7プレライター
大好きだった人に突然別れを告げられて、立ち直れないほどの打撃を受けてしまった、人生に夢も希望も持てない・・。そんな大失恋をしてしまった時には仕事や趣味を楽しみ同性の友達と遊んで立ち直りましょう、なんて言われても、何も手につかない状況では難しいですよね。 自分が振られてしまった立場なのに復縁してもらえる可能性はとてもあるとは思えないけど、どうしても振られた彼氏と復縁したい! そんな気持ちで日々鬱々してしまうという人のために、振られた彼氏と復縁する方法を考えましたので、ご一緒に見ていきましょう。

1. 基本はゲームオーバー!

ハリネズミ
まず年頭に置かなくてはいけないのは、彼氏の方から別れを告げてきたのであれば、その恋は基本的にはゲームオーバー!

最も良い方法は「次の恋を探すこと!」です。失恋の痛手を癒すのは新しい素敵な人との恋が一番であることは間違いありません。振られた彼氏のことなんて一刻も早く忘れましょう!

でも、それが難しい、どうしてももう一度振られた彼氏と復縁するために頑張りたい!という時には、行き詰ってしまった「振られた彼氏」との関係にはある一定の「冷却期間」が必要となります。

2. 復縁したければ最低でも3か月置く!

スキー
振られた彼氏に自分から連絡したい場合、最低でも3か月は期間を置きましょう。3か月?
そんなに放っておいたら新しい彼女と結婚しちゃうかも!?などと心配する気持ちはわかります。

では振られた彼氏に連絡して感謝の気持ちを伝える?振られた彼氏に連絡してどれだけ彼のことが好きかを伝える?それで復縁の可能性が上がればいいですが、実際には復縁の可能性はどんどん下がっていく結果となってしまいます。

振られた彼氏にとってはストーカーされている気分になるかも知れませんし、もともと男性は女性を追いかけたい生き物ですから、自分から振られた彼氏にすがってしまっては、自分の価値を自分で下げているようなものです。

振られた彼氏との復縁を望む場合は最低でも3か月・できれば半年ほどの冷却期間を置きましょう。

3. 振られた彼氏と出会った頃の自分に戻る!

フルーツ
さて振られた彼氏との冷却期間を十分に置いたら、もしかしたら振られた彼氏の方から逆に「どうしてるの?」と心配して連絡をくれたり、少しだけ落ち着いた気持ちになって考えたら君の大切さが分かった、などと言ってもらえる場合もあるでしょう。

しかし、自分から連絡しなければ振られた彼氏とコンタクトできなかった場合には、大事なことは振られた彼氏と知り合った頃の自分に戻る!ということです。

振られた彼氏と知り合ってすぐの頃の自分は彼にすがったり、別れたくないと言って泣いたりしましたか?振られた彼氏の顔色を見てご機嫌を窺ったりもしなかったでしょう?

つまり、振られた彼氏が好きになってお付き合いを申し込んでくれた頃のフレッシュな自分のイメージに戻す、ということが重要になります!

もちろん振られた彼氏との冷却期間の間に新しいことを始めた、ダイエットをして綺麗になった、仕事を頑張って結果を出した、などレベルアップができればますます好印象になることは間違いありません。

基本的には振られてしまった時には次の恋を探すことが一番の幸せへの近道となります。でも、どうしても振られた彼氏と復縁したいという人は是非参考にしてみて下さいね!

この記事を読んだ人におすすめ

TOPへ戻る