ログイン

恋愛スキルに差のある2人は案外うまくいく

7プレライター
似たもの夫婦という言葉があるように、一緒に過ごすうちに言動や性格、顔つきまでも似てくると言われていますが、結婚に至った2人の「恋愛スキル」はどうだったのでしょう。似ているのでしょうか?今現在恋人状態にある人や、婚活中でお相手募集中の人もぜひチェックしてみていくださいね。

1. 恋愛スキルがほぼない人もいる婚活市場

ハート
恋愛結婚を望んでいた人でも、彼氏や彼女がいない場合は、婚活パーティーやお見合いなど、結婚を目的とした人が集まる場所に出向くことによってかなり効率がアップします。
でも、そんな婚活の場では、それまで恋愛で異性と出会ってきた人にとっては、なんとなく違和感を覚えるかもしれません。
それは、恋愛スキルがほぼない人が、多く参加しているからです。どことなくぎこちない感じの、緊張した面持ちの参加者たちが「彼氏や男友達とは違うかも…。」と思わせる雰囲気を醸し出しているからです。

2. 恋愛スキルが高い女性と低い男性

カップル
婚活という出会い場だけでなく、なかなか奥手で女性と出会えない男性が、知人を通して紹介されるケースもあります。そのとき、恋愛スキルの高い女性を紹介すると、その女性が男性を気に入った場合、彼女のペースでトントン拍子に話がすすむことがあります。
婚活パーティーなどでも、20代などの若い女性よりも、なぜか30代後半から40歳くらいの女性が一番人気になっているという状態になることもよくあります。
それは、恋愛スキルの低い男性が自分からは、なかなか積極的になれないところに笑顔で話しかけてくれたアラフォー女性に、いつの間にかリードされていた…。という恋愛スキルの違いが2人を結び付けた結果です。
一見ミスマッチな組み合わせが案外、本人たちにとっては心地良かったりするのです。

3. 恋愛スキルが高い男性と低い女性の場合

夕日
婚活市場には恋愛スキルが低い男性が多いと言われるものの、中には経験豊富な男性も混ざっています。すると不思議なことに、若い女性からアラフィフ女性までと幅広い世代からの人気を一手に集めてしまうこともあります。
男性に離婚経験があったり子どもがいたりしても、婚活パーティーで取り合いになるような人気者になれるのです。あまり男性との接触の少ない女性だと、一気に交際へと発展させられる場合もあります。

婚活市場では恋愛スキルの高い人は、男女ともに参加者の心を揺さぶります。

4. 正反対の2人だから未来が楽しみ

乾杯
昔のように、いくつまでには結婚しなければマズいとか、女性は必ず子どもを産まなければならないとか、離婚したら人生に傷がつくなどというナンセンスなことを言う人は、今や化石のような存在になってしまいました。
年齢や結婚歴、恋愛の変遷…、いろいろ気にするのではなく「そろそろパートナーが欲しい」という自分の気持ちに正直になってみませんか?これは初婚の人にかぎらず、再婚を考える人もしかりです。
自分のタイプの人がいない、ときめきがないということが悩みだとしたら、その解決方法は「真逆」のところにあるのかもしれません。
「自分のタイプじゃない人とも話してみる」とか「ときめきにこだわらなくてもいい」という風に、正反対の相手への間口をオープンにしてみてください。そこから生まれる未来は思っているよりも明るく楽しいものかもしれません。

5. 「これはないな」が運命の人の場合も

女性
恋愛がうまくいかない、いつまで経ってもプロポーズしてくれないと悩んでいる人の場合、どうしてなのだろう…。と考えることも大切ですが、もしかしたらその「選択が間違っている」可能性を疑ってみることが大切です。
人生は長いものですが、一人の人にいつも悩まされたり、振り回されたりしてきた時間や、心や体の負担を冷静に見つめ直してみましょう。
自分の人生を楽しむためには、そんな恋焦がれる相手にこだわるのではなく、「これはないな」と思う相手が叶えてくれるかもしれないということです。
そんな相手に出会うためには、これまで避けていたこと、出向かなかった場所へ行ってみることです。そして恋愛スキルも「自分と逆の相手」を選んで話してみることをおすすめします!

この記事を読んだ人におすすめ

TOPへ戻る