ログイン

花をどこに飾るかで、あなたの理想の家族像がわかる!

7プレライター
家は生活の基盤であり、心と身体を休める場所です。家のレイアウトや雰囲気には、その人がどんな空間に安らぎを感じるかということが大きく現れます。
今回は、「家」にまつわることから、あなたの理想の家族像を診断していきます。
あなたが、結婚相手と、どんな関係でありたいと思っているか。将来、どんな家庭を築いていきたいと考えているか。そして、理想の家族像から見えてくる、あなたが気をつけなければいけないことを診断していきましょう!

あなたの家のなかに花を飾るとしたら、以下の4つのうち、どこに花を飾りますか。

1:玄関
2:リビング
3:寝室
4:トイレ

1. 「玄関」を選んだあなたは、人に羨ましがられるような家庭が理想

玄関
人の出入り口である「玄関」に花を飾ることを選んだあなたは、周りの人によく見られたいという気持ちの強い人です。そのため、周囲の人から羨ましがられるような、世間一般で「理想」とされているような家庭を作りたいと思っています。

お金に不自由せず、人を呼んでも恥ずかしくないような家に住み、家庭内でのコミュニケーションも良好。そんな、幸せの王道のような家庭を望んでいませんか。

自分が人にどう見られるかを気にする人は、他人への関心が強い人でもあります。人と関わりが途絶えることを恐れるタイプなので、結婚後も、友人関係や、ご近所付き合いをおろそかにすることはないでしょう。

人付き合いが良好なのはいいことですが、自分と他人を比べすぎてしまわないように気をつけてくださいね。

2. 「リビング」を選んだあなたは、家族の繋がりが強い家庭が理想

リビング
家族が集まる場所である「リビング」に花を飾ろうと思ったあなたは、家族で過ごす時間が明るいものであることを望んでいます。家族仲がよく、いいことも悪いことも分け合っていけるような家庭を理想としているのではないでしょうか。

みんなで揃ってご飯を食べたり、みんなで一緒にテレビを見たり、今日あったことを話したり。そんな、温かい家庭を築いていきたいと考えています。

家族のためであれば、自分が大変な思いをしたとしても構わないという考えが強く、自分の本当の気持ちを押し殺してしまうこともあります。そして、心のどこかで、家族も自分に対して、献身的な気持ちを持ってくれることを望んでいます。

お互いが助け合うような家族は素敵ですが、献身的になりすぎたり、相手が自分を優先させてくれなかったからといって、落ち込んだりしないよう気をつけましょう

3. 「寝室」を選んだあなたは、ありのままの姿でいられる家庭が理想

寝室
自分の身体を休める場所である「寝室」に花を飾りたいと考えたあなたは、自分が、ありのままの姿でいられるような家庭を理想としています。家庭を持っても、立場を踏まえたうえで、「あるべき姿」に収まるのではなく、「ひとりの人」という姿でありたいと考えていませんか。

結婚相手とは、夫婦としてではなく、男と女として付き合っていきたいと思っているため、いつまでも恋人同士のような夫婦であることを理想としています。子供が生まれたら、親と子としてではなく、大人と子供として付き合っていくことを望んでおり、まるで友達のような親子関係になることを理想としているでしょう。

家族でも、「人と人」の付き合いをしていくのは大切なことですが、「夫婦」や「親子」として、本来あるべき姿を放棄してしまわないように気をつけてくださいね。

4. 「トイレ」を選んだあなたは、自分の時間を大切にできる家庭が理想

トイレ
家のなかで特にプライベートな空間である「トイレ」に花を飾ることを選んだあなたは、家族ができても、自分の時間を大切にしていきたいと考えている人です。ひとりの時間がないと強いストレスを感じるので、べったりとした家族関係は求めていません。

家族のプライベートも尊重したいと考えており、家族が個人の時間を持つのを止めるようなことはしません。そのため、休日は家族で過ごすよりも、「それぞれがやりたいことをして、もしもやりたいことが同じであれば一緒にやるのがいい」という考えを持つ傾向があります。

それぞれの時間を持つのはいいことですが、たまには自発的に家族の時間を作るようにしないと、家族を寂しがらせてしまうこともあるので気をつけましょう。

この記事を読んだ人におすすめ

TOPへ戻る