ログイン

お金をかけずに子どもとお出かけ!無料スポットもたくさん

2019.10.24
お休みの日に子どもが退屈しているのではないかと心配。
でもお金をかけたからといって楽しめるわけではありません。
お金をかけなくても、子どもの心に残る素敵な時間を過ごしましょう。
今回はお金をかけなくても楽しめる無料や低価格のスポットをご紹介します。

1. お金をかけずに自然と楽しむ

市営や県営の公園は自然を楽しむためのスポットとして最高ですが、動物園や水族館、アウトドアパークが併設している場合も。

ほとんどの場合、無料で入園でき、オプションがある場合も激安です。

おまけに有名動物園のように混んでいないため、ふれあいコーナーなどは思う存分動物たちと遊べます。


2. 無料で遊べる動物園・水族館

市や区が運営している公園には、無料、または低料金で入場できる動物園や水族館が併設されている場合があります。

動物園といっても、パンダやアルパカなどの人気のある種類の動物がいるわけではありませんが、のんびりした雰囲気、長い歴史の中で育ってきた樹木、珍しくはないにしてもいろいろな種類の動物がいて、子どもたちが意外と喜ぶものです。

例えば、神奈川県平塚市の総合公園内にある「ふれあい動物園」で、37種、約760頭の動物に出会えます。ふれあいコーナーがあり、ヤギやヒツジ、ウサギ、七面鳥、アヒル、ニワトリなど絵本の中の農園にいる動物がたくさんいて、抱っこをしたり、食べ物をあげられるので子どもたちは大喜び。食べ物は持参できます。

ポニー乗馬はたった100円です。ポニーが疲れると終了してしまうので早めにお出かけしましょう。

無料で遊べる動物園


遠くに住んでいても足を運びたくなる公立動物園があります。

福井県鯖江市の「西山動物園」です。ここではレッサーパンダの繁殖に成功し、たくさんレッサーパンダに出会えます。

ゴールデンウィークの時期にはつつじ祭りが開催され、自然たっぷりの環境の中で、レッサーパンダが頭上を移動するのを見られます。

入場料は大人も子どもも無料です。

水族館も無料で楽しめる場所があります。東京都昭島市の「多摩川ふれあい水族館」は、下水の再生処理水を利用した水族館です。ただし、土日祝日は閉館しているので、春休みや夏休みに利用しましょう。

3. 無料のアウトドアパーク

子どもと一緒に山に入るといろいろ大変ですが、やはり自然を満喫することを知ってほしいですよね。その点、あまり整備されていない自然がいっぱいの公園は子どもと遊ぶにはもってこいです。

横浜市にある「神奈川県立三ツ池公園」は、遊具は大きな滑り台があるくらいで、ただ広々とした自然が広がっています。園内でどんぐりや木の枝を拾うだけでも子どもたちは大満足。

どんぐりや松ぼっくり、木の枝などで帰宅した後ちょっとした工作をすると素敵な思い出になります。

各地に無料で入園できる公園が点在しています。必要なのは交通費だけ。お弁当を持って出かけてみてはいかがでしょう。

⦁ 国営公園は広大で思いっきり楽しめる

無料国営公園


全国には国営公園が点在しているのをご存知ですか?文化的な価値もある広大な公園です。

東京都には江東区有明の「東京臨海広域防災公園」や立川市の「昭和記念公園」があります。
昭和記念公園は立川市と昭島市にまたがる180haの敷地内に子供の森や日本庭園、池、夏になるとレインボープールがある1日中楽しめる公園です。広大な池ではボート遊びができ3人乗りのローボートが60分以内なら700円です。

入園料は、全国どの国営公園も大人450円、子ども無料です。どの国営公園にも入園できる1年間のパスポートも4,500円で販売されています。

北海道の「滝野すずらん公園」から九州の「国営吉野ヶ里歴史公園」まで全国の国営公園でパスポートが使えます。沖縄にも「国営沖縄記念公園」がありますがこちらではパスポートの利用ができません。

全国に17ヶ所の国営公園があるので近くにあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょう。

4. お金をかけずに参加できるアクティビティ

雨が降っている日や暑すぎる日は、屋内でクリエーティブな体験をしたいですね。
でもお金をかけたくないという場合におすすめの場所を紹介します。


⦁ 無料で参加できるアクティビティがある工房・工場

無料工場見学


有名メーカーの工場は無料で見学できるところが豊富です。
キューピーやコカコーラ、サントリーの天然水、味の素、アヲハタなど試飲や試食もでき、親子で楽しめます。


キリンビールなどのアルコールの工場も子どもたちのための工場見学を実施しています。ビールの材料であるホップを触ったり匂いを確認したりした後、柿の種などを食べながらソフトドリンクの試飲ができます。

⦁ デパートの無料アクティビティ

デパートは雨の日も楽しめるスポットですが、誘惑が少し多いですよね。
おもちゃ売り場に連れて行くと欲しいものがたくさんあって、おしゃれに目覚めた女の子はお洋服に夢中。

屋内で体をしっかり使って遊べるスペースに直行できれば気軽にデパートに行けますね。

例えば愛知県名古屋市の駅前にあるタカシマヤ ゲートタワーモール店ではクライミングウォールやハイキングウォールなど遊具が充実しています。0〜12歳まで、最初の30分600円、その後10分ごとに100円が加算され、1時間900円で遊べます。

小田急デパートでは0〜12歳のお子さんのいる人限定の「かんがるーモバイルクラブ」に無料登録すると「ハロウィンフェイスペイント」など季節ごとのイベントに無料参加できます。

お近くにあるデパートで子どもと一緒に遊べるイベントやスペースがないか問い合わせてみてください。

5. 企業が展開している博物館・展示会

「カップヌードルミュージアム」、「明治なるほどファクトリー」「ソニー・エクスプローラサイエンス」など企業が運営しているスポットは宣伝を兼ねているため、入場が無料または低料金な上、お土産やイベントが充実しています。

カップヌードルミュージアム:横浜市、大阪府池田市
明治なるほどファクトリー:北海道河西郡芽室町、茨城県守谷市、埼玉県坂戸市、静岡県藤枝市、愛知県稲沢市、大阪府高槻市、大阪府貝塚市
グリコピア神戸


6. お金をかけずに旅気分

空港や駅も子どもたちがワクワクするスポットです。

羽田空港は、デートスポットとしても人気がありますが、どの空港も展望デッキで飛行機の離発着を見るのは素敵な体験。
福岡空港、関西空港、中部空港、千歳空港など近くの空港を訪れてみると旅気分が味わえます。

関西空港のようにスカイミュージアムなどが併設されていて充実しています。

電車に乗って小旅行をするのも楽しいです。
電車でほんの少し移動するだけで風景が変わります。東京なら中央線で山梨との境、大阪なら福知山線に乗って山陰方向へ移動してみてはいかがでしょう。

大人料金で800円ほどの移動でも空気が全く変わります。知らない駅で少しだけ歩いて戻るだけでも素敵な思い出です。

7. まとめ:お金をかけなくても親子で素敵な思い出を作ろう

お金をかけなくても楽しむ方法を紹介しました。

県立や市立の公園や博物館、企業の運営しているミュージアムや工場など全国どこでも子どもが大喜びする無料スポットが点在しています。

空港や駅なども日常と少しだけ離れることができるスポットです。

また、市報などに無料で参加できるアクティビティが掲載されることも。

子どもが楽しいと感じることは、お父さんやお母さんも一緒に参加することです。
記事を参考にして 休日に良い思い出を残してください。



平塚総合公園ふれあい動物園

福井県鯖江市西山動物園

多摩川ふれあい水族館
神奈川県立三ツ池公園

カップヌードルミュージアム

明治なるほどファクトリー







この記事を読んだ人におすすめ

TOPへ戻る